シミ治療にも使えるアレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーの特徴

医療脱毛を行うときに使われれる医療用レーザーはいくつか種類があります。その中でもよく導入されているのが、アレキサンドライトレーザーになります。宝石のアレキサンドライトを使用しているのが特徴で、レーザーを照射することで毛根のメラニン色素にさせて、毛の再生細胞を壊すことによって脱毛できるという仕組みとなっています。
レーザー照射と一緒に皮膚を冷却しながら脱毛を行うため、ジェルを塗らなくても脱毛が可能ですのでジェルが苦手という人に向いています。
ロングパルスと呼ばれる波長の長いレーザーが使われていて、産毛の処理にも適しています。また、シミ治療にも使われているレーザーですので、脱毛と一緒にシミの改善にも役立ちます。

アレキサンドライトレーザーのメリット

日本人の肌には、ロングパルスである波長の長いレーザーの方があっていると言われています。日本人の肌の表面はメラニン色素が多い傾向にあるため、波長の短いレーザーを当ててしまうと火傷するリスクが高くなっているからです。
このレーザーは波長が長いため火傷のリスクが低い上、冷却がすで皮膚を冷やしながら脱毛することが可能なため火傷の心配はないと考えられます。肌の色と毛の色のコントラストが大きいほど、このレーザーでの脱毛に向いていて、毛の再生細胞のみに働きかけるため肌に負担をかけることなく安定したスピードで結果を出せます。
また、毛穴の黒ずみやくすみ改善する美白効果、毛穴を引き締める効果、コラーゲン生成を促進する効果などのメリットがあります。

レーザー脱毛を横浜の美容皮膚科や医療脱毛専門店などで施術することができます。料金は月額や部位別など様々です。レーザー脱毛は痛みが少なく、短時間で済ませることができる点がメリットです。