レーザー脱毛を受けられるのはどんな人?

未成年でもレーザー脱毛は可能

美容皮膚科など美容系クリニックで受けられる「レーザー脱毛」は、女性だけでなく男性も施術を受けられる脱毛法です。性別、関係なく無駄毛に悩んでいる人はレーザー脱毛で処理することはできます。レーザー脱毛は黒い無駄毛に反応して脱毛効果を発揮するので、脱毛したい部位が白髪でなければ年齢問わず施術を受けられます。各クリニックによって規定は異なるものの、場合によっては未成年でもレーザー脱毛にチャレンジできます。 未成年という場合はホルモンバランスが整う年齢から、レーザー脱毛を始めることで効率的に無駄毛を脱毛することが可能です。18歳前後から施術可能というクリニックが多い傾向にあります。ただし、未成年がクリニックでレーザー脱毛を受ける際は、親権者の同意書が必要となるケースがほとんどです。

レーザー脱毛NGという人の特徴もチェック

レーザー脱毛は多くの人が受けられる脱毛法ですが、中には施術NGとなってしまう人もいます。各クリニックによってレーザー脱毛が受けられない条件は変わってきますが、代表的なNG条件をチェックしてみましょう。まず、脱毛NGとして挙げられるのが日光過敏症の人や、アトピー性皮膚炎など肌に特殊疾患のある人です。このような体質の人の場合、レーザーを肌に照射すると様々な肌トラブルを起こす可能性があるため、施術NGとなっているクリニックが多いようです。

この他にも妊娠中の女性はレーザー脱毛は受けられません。レーザーは人体に悪影響があるものではないのですが、妊娠中は女性ホルモンのバランスが変わり、施術を行っても脱毛の効果が現れにくい・肌ダメージが出るリスクがあるのでNGとなっています。

顔のレーザー脱毛は少し危ない印象だったり、傷跡が残ったという噂を聞いたことがあるかもしれません。しかし、現在では危険性や後遺症などはほぼありません。価格もだいぶ抑えられ、脱毛効果もとても高いです。